不眠症の具合、ランクといううつの系

 

不眠の実態

 

不眠と言っても実態は人それぞれで、いくつかの集まりがあります。

 

なかなか寝付けない

 

ひとつは実に寝付くことができないというものがあり、不眠としてはやはり代表的な実態の一つといえるでしょう。

 

途中で目が覚める

 

次に眠りにつくことはできるものの、途中で何度も起きてしまって寝た気がしないというのも、不眠の実態となります。
起きたい時刻よりも終始早く起きてしまって、先々寝付くことができないとい実態も不眠のひとつとなっています。

 

快眠の質が悪い

 

寝つけるものの快眠が浅くて、睡眠時刻ほどに寝たような気配が打ち切るという売り物もあります。

 

これらの実態はいずれか1つだけ生まれることもありますし、複数のものがいくつも一気に入り交じるということもあるため、実態は十人十色異なるものとなります。

 

共通するところとしては、寝なければならない場合寝ることができず、寝てはいけない日中に眠たくて眠気をこらえることが困難というのが、すべての集まりに均一をしているカタチとなっています。

 

このように不眠というのは、ただ眠ることが出来ないという訳ではなく、睡眠のクオリティーに波紋をする症状が現れるカタチ全体を指し示すものとなります。
不眠で悩んでいるそれぞれは、いくつかの集まりがあるという事を理解しておきましょう。

 

不眠とうつの繋がり

 

眠りたいのに眠れないという不眠という状態は、うつという疾病といった奥深い関係があります。

 

鬱病を患って要る人の約9割は不眠症という実態に悩まされていると言われています。

 

クリニックでは、抗うつ剤などの手当と共に睡眠薬を出されて要るクランケも数多くいます。

 

そもそも鬱病の診査基準の内容の一つに、不眠症などの不眠症の実態が出ている事が挙げられています。

 

不眠症は鬱病の初期の実態としてちょくちょく重要な現れとなります。

 

睡眠時刻が短かったり寝付く事が困難だったり、快眠が浅くてアッという間に覚醒してしまったりといった実態が、鬱病にて引き起こされます。

 

色々な集まりがある不眠の中でも殊更、明け方目が覚めてしまい引き続き眠れなくなって仕舞うという「早朝覚醒」が鬱病のそれぞれに多い集まりとなっています。

 

このように、不眠とうつは相互に影響し合っている繋がりという事が出来ます。

 

こういう実態には脳インサイドのセロトニンというものが関係しています。

 

不眠症やうつの実態が出ているクランケは、そのセロトニンの分泌が減っている事が分かっています。

 

不眠が可愛くなればうつの実態も良くなる傾向になりますし、その反比例でうつの実態が良くなれば自然と不眠も改善されていきます。